FXスプレッドには原則固定と変動スプレッドを採用している会社があります。FXスプレッドは変動のほうがいいのかどうかですが、一番のメリットは変動のほうがスプレッドの幅が狭く設定されている場合が多いということです。そのため変動というリスクがあるもののFXスプレッドとしてFX会社に支払う手数料は基本的に安くなります。ただし相場が大きく動いた場合は要注意です。変動なのでスプレッドの幅が広がることがあります。○銭という手数料ですが、短期的に売買するのがFXの基本なので利益が出にくくなることが考えられます。少ない利益を狙うスキャルビングやデイトレードを基本としている人はスプレッドの幅が広がると利益が出なくなります。ですから取り引きするFX会社は複数にしてFXスプレッドも固定のところと変動のところをうまく使い分けるのが理想といえます。他にも、通過ペア 多いほうが良い?このような専門サイトも参考になります。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。