女性保険と子宮がん

| 未分類 |

女性特有の病気子宮がん。子宮がんを考慮した場合、どのような女性保険を選ぶのがよいのでしょうか?最近はがんの治療方法も進化しており、旧来型の診断・手術・入院をメインとした保険では、がん治療での費用面での安心感を得ることが難しくなっているそうです。現在のがん治療は治る率も高くなってきています。その分、手術後の回復も早く、術後2週間程度で退院、その後は通院での治療というケースも増えています。それはとてもいいことですが、通院での治療がメインとなると、この部分に対応していない保険では保障されないこととなりますので、女性用保険を選ぶ際、ご注意ください!また、体にメスをいれないことで回復が早くなる重粒子線治療などの先進医療についても健康保険外であるため、手術台は数百万円以上。先進医療に対応していないがん保険では、治療の選択ができません、対応しているものを選ぶようにしましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。