腹筋と太ももの内側の筋肉を使えているか確かめる方法です。太ももの内側は骨盤を支える働きはもちろん、腹筋がないと腰回りが固くなってしまいます。太もも 内側の筋肉が衰えているとおなかとヒップの筋肉も衰えていきます。方法は簡単。仰向けになって両方のひざを抱えましょう。首から肩にかけては力を入れずにリラックス。胸を開きます。そこからゆっくりと起き上ってみましょう。勢いをつけないように注意して。両ひざはかかえたままです。足の裏を床につくまで太ももの前側とおなかを近づけた状態で起き上がることができたでしょうか。これはいわゆるだるま起きです。おなかと太ももを離さないと起き上がれない、また勢いをつけないと起き上がれない場合は腹筋が衰えています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。