公的融資制度

中小企業経営者が利用できる公的融資

昨今の不況で、中小企業経営者の方は資金繰りが大変という場合も多いでしょう。最近「中小企業経営者向けの、公的融資・助成金に関するセミナー」というものが、開催されている場合もあります。主催するのは経営コンサルタントを名乗る人のことが多く、ついつい心を動かされる、ということも多いのですが、実は企業情報の収集が目的であったり、商工ローンなどの勧誘が目的であったりするケースも多いので、ご注意ください。資金繰りが苦しくなったら、既に取引実績のある金融機関に相談したり、商工会議所で相談するなどの手段もあります。また、中小企業経営者が利用できる公的融資は次のようなものがあります。信用保証協会の保証による融資制度として「金融環境変化対応資金」「中小企業運転資金円滑化資金」「小企業等経営改善資金」などがあります。信用保証協会は直接の融資をしてくれるのではありませんが、保証を受けることで民間金融機関からスムーズに借入れが行えるようになります。こうした制度は、インターネットで検索をすれば簡単に見つかります。くれぐれも怪しげなセミナーなどに行くよりも「自分で情報集め」を心がけましょう。